医療法人社団泰峰会ヤナセ歯科医院は昭和62年2月2日に開院いたしました。

開業当初は、イーストアレイビル4階 一般歯科診療室のみでしたが、平成10年、3階に口腔外科・インプラント専用手術室、矯正歯科診療設備、車いすにてご来院された患者さんの診療設備を増築し、平成19年にはコーンビームCTスキャンを導入し、現在にいたっております。

私は遠く鹿児島の地で生まれました。大学卒業後に私の恩師・父母の勧めもあって、帰郷はせずに朝霞にて開業しましたが、私の家系は薩摩・島津藩の藩医であり、医師として戊辰戦争への従軍した者、客船の船医として優雅に世界旅行を楽しんだ者、神戸検疫所の所長を勤めたのちに内科医を開業した者、旧制鹿児島一中から海軍兵学校を受験し、不合格だった腹いせ(?)に旧制旅順工科大学へ入学した武骨者の祖父など、ちょいと風変りなご先祖様だったようです。私の亡くなった父は、生前、「開業医は困った患者さんを助けるような赤ひげでなければならない」と私に言い続けていました。たまに歯科治療に訪れると、難しいインプラントの手術がうまくいった話や大学での研究の話より、子供さんやご高齢の患者さんが、「ありがとうございます」とわれわれに言ってくださってお帰りになる姿を見て喜んでいました。父の教えは当院の心であり、歯科医師と患者さん、歯科衛生士と患者さんでなく、人と人とのおつき合いを大切にしたく思います。その中で生まれる信頼関係が治療の成否には不可欠です。確固たる信頼関係と誠実な歯科治療によって一人でも多くの患者さんに「通って、治してよかった!」と満足していただきたいからです。また、患者さんが気軽に定期健診や歯石除去(スケーリング)にお見えいただけるようなシステム・環境づくりに努めています。

院  長:簗瀬 武史 神奈川歯科大学客員教授
副院長:斎間 広憲
一般歯科(非常勤):栗山 壮一
矯正担当医(非常勤):竹田 摩言子
口腔外科専門医(非常勤):高橋 雅幸 防衛医科大学校口くう外科講師、
歯科麻酔医(非常勤):吉田 和市 神奈川歯科大学教授

常勤・非常勤医6名体制で診療を行なっております。
歯科衛生士業務は、常勤歯科衛生士5名、非常勤歯科衛生士1名の6名体制で行っております。

当院は、健康保険指定医療機関であり、健康保険内での歯科治療を受診でき、労災保険の指定医療機関です。
当院で診療に従事する歯科医は専門医を有していますが、痛みや咀嚼や会話でお困りの患者さんの苦痛をとってあげることが、歯科医師の本分であると信じています。
乳幼児からご高齢の患者さんまで地域の皆様の全身的健康の維持へ寄与すべく、診療内容は予防歯科・一般歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科まで多岐におよびカバーすると同時に、口腔外科、インプラント、骨再建、歯周組織再建を含む高度な歯科先端医療を行なっております。

親知らず、のう胞摘出術など、時には入院加療が必要な小外科手術も日帰り手術にて対応することができます。
院長簗瀬は、社団法人日本口腔インプラント学会 指導医 専門医、(社)日本
歯科先端技術研究所インプラントマスター インプラントフェローを有しており、当院にて高度なインプラント手術に対応することができ、患者さんの負担の軽減と安全の確保を目的とした歯科麻酔医による静脈内鎮静法や全身管理を行っています。
内科的疾患においては朝霞厚生病院との連携、合併症を有する患者さんの主治医への対診を重視しております。
口腔外科・腫瘍・粘液性疾患等は毎月第1・3・5週水曜日午後、高橋雅幸防衛医大講師による特殊外来および防衛医科大学病院、慶応義塾大学病院、日本大学板橋病院へご紹介しております。

4階一般歯科診療室に歯科診療用ユニット6台、3階診療室に2台を有します。
3階口腔外科用手術室は、無菌下で術中管理装置を備え、施術中の患者さんの不測の事態を未然に防ぎ、安全かつ確実な施術を行なえます。
3階診療室にコーンビームCTスキャンを備え、顎頭頚部の3次元的な画像診断のもとで、的確な診断と施術を行うことができます。
消毒・滅菌設備は、4階診療室に2台のケミクレーブ(消毒用アルコールを使用した高圧蒸気滅菌器)、3階診療室に1台のケミクレーブおよび口腔外科器材はホルムアルデヒドガスを使用したガス滅菌器を運用させており、すべての細菌・ウィルスを死滅させることができます。
また、手術着をはじめ、外科用器材は可及的にディスポーザブル製品を使用しています。

私たちは自分たちが行なった診療に責任を持ちたいと思っております。そのために気軽に患者さんが定期検診に来院されるような環境作りを心がけています。
リコール(定期検診)は半年後に患者さんにお知らせいたします。理想的には4ヶ月に一回、最低でも半年に一回の定期検診・歯石除去をお勧めいたします。
「痛くなる前」に歯科医を訪れれば、「痛くはなりません」。歯科医院は「治療」だけでなく「予防」の場でもあります。

昨今、歯科医療不信が話題になっておりますが、これは歯科医師側・患者様側の双方に問題があると思っております。歯科医師側の問題としては歯科医師の過剰供給、歯科医院の乱立化、諸外国に比べて、国からの歯科医療への評価が低く、健康保険報酬額が低額であること、そのために安易に保険外診療(自費診療)を望む傾向があります。
受診される皆様側の問題も存在します。未だに「早い・安い・やさしい」の三条件のみが歯科医師の評価になっている悲しい(?)事実があります。それは、遅く・高く・怖くないことは必須ですが、選択条件はそれだけではありません。いかに整備されたシステムのもとで科学に基づいた誠意ある医療が行なわれているかということが重要であると思っています。
患者さんは「痛みがあれば悪いけれど、痛みが無いところは悪くない」とお考えになる傾向があります。エックス線写真や歯周病の検査結果を患者さんに理解していただけるまでご説明することが誠意であり、治療終了後に患者さんに診療内容を納得していただき、良好な予後を期待できるような歯科医療を行なうことが真実のやさしさであると思っております。
現在、医療の広告規制もあり、我々が患者さんに歯科医院の選択条件を十分には掲示できません。インターネット広告は規制がないため、本来の歯科医療の情報伝達のモラルからかけ離れたものも見受けられます。

私はこのホームページが本院への理解を深めることに役立ち、また歯科医療への不信の払拭・歯科医療への疑問に悩む患者さん理解の一助となることを願っております。

医療法人 泰峰会 ヤナセ歯科医院  院長・医学博士  簗瀬武史

(患者さんたちの写真は、保護者の方の了解をいただいたものを掲載しています。
みんな、ちゃんと歯みがきしてるかな?ちなみにヒゲのおじさんが私(院長)です )