スタッフの紹介

歯科衛生士

当院では、常勤の歯科衛生士6名、非常勤の歯科衛生士2名、計8名の歯科衛生士が診療に従事しています(平成29年8月1日現在)。
歯周病や一般治療においてきめ細やかな治療を施すためには、国家資格である「歯科衛生士」の有資格者は不可欠です。聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますが、「歯科の看護師さん」とお考え下さい。当院では、担当歯科衛生士のシステムも運用しており、歯周外科処置を要する患者さん、継続的な管理を要する患者さんの場合、担当歯科衛生士がスケーリングはじめ歯周処置を行います。
一般治療においてもドクターに質問しづらいこと、ご希望も歯科衛生士を通じて、知ることにより、患者さん主体の診療を行うことができます。 当院には歯科衛生士以外にも、受付事務1名、衛生管理担当1名が勤務し、患者さんのためにチームワークを結束してがんばっています。

歯科衛生士とは?

歯科衛生士歯科衛生士と歯科助手を混同される方も多いですが、その資格は異なります。歯科衛生士は、教育年限3年の短大もしくは歯科衛生士学校ならびに4年制大学を卒業した後、国家試験合格により与えられる、歯科衛生士法(1948年に制定)で認められた、厚生労働大臣認可の専門的な国家資格です。仕事の内容としては、歯周病の治療、口腔衛生指導、一般歯科治療の介補、インプラント治療・口腔外科手術時の介補等、多岐におよび活躍しています。


当院のスタッフ

歯科衛生士

前堂

歯科衛生士:常勤(チーフ:沖縄歯科衛生士専門学校 卒)

歯科衛生士歯科衛生士として働いて10年経ちましたが、新しい材料や情報を患者さんもネットや店頭などで気軽に入手できる時代なっているので、自分自身もそういった情報を集めて、患者さんに発信できるようにしたいです。ヤナセ歯科では対患者さんに対して言動や行動を見て、不安や不信感を持っていないかをしっかり感知できるよう日々努めたいです。

菅野

歯科衛生士:常勤(日本歯科大学東京短期大学 卒)

歯科衛生士歯科衛生士は患者さんと一生付き合っていく仕事だと思います。出会う人の一人でも歯の大切さを伝えて、死ぬまでおいしくごはんを食べて欲しいと思い、この仕事を選びました。 ヤナセ歯科医院で働いて3年目に入り、患者さんの顔と名前が一致するようになり、たくさんの担当の患者さんをもたせてもらうようになりました。担当の患者さんはもちろん、たくさんの患者さんに寄り添い、喜んでもらえるような通いやすい歯科医院の雰囲気を作り出せる歯科衛生士を常日頃目指し、話を聞き出し、優しく接したいと思います。そして、自分が今まで教えて頂いたことを新しく入った子たちに教え、自分も含め、新しく入った子たちも知識のある患者と寄り添える歯科衛生士になって、これからも患者さんにヤナセ歯科を必要とされるように日々頑張りたいです。

歯科衛生士:常勤(早稲田医学院歯科衛生士専門学校 卒)

歯科衛生士歯科衛生士を志した動機は、学生時代から続けていた歯科助手のアルバイトを通じて、自分も国家資格を取得して働きたいという思いが自然とでてきたためです。ヤナセ歯科医院で働きはじめてから先生方や先輩方に様々な事を教えて頂きました。診療テクニックやマナー、接遇など小規模な開業医では学び得なかったことも多いと思います。 私もこの4月でヤナセ歯科医院に努めて3年目になります。今まで指導して頂いたことを少しでも後輩へ引き継げる様、育成にも力を入れてより一層ヤナセ歯科医院の戦力となれるよう日々精進したいと考えております。

赤塚

歯科衛生士:常勤(アポロ歯科衛生士専門学校 卒)

歯科衛生士ヤナセ歯科医院に入り、2年目になりました。新しく後輩も入り、今までは私達が一番下でしたが、先輩という立場になり、教えてもらう側から教える側になり、今まで以上に責任感を持って仕事に取り組もうとより一層思いました。 先輩方のようには到底及びませんが、少しでも戦力になれるように常に向上心を持ち続け、忙しい中でも笑顔を忘れず、日々進化するように努力いていきます。

青沼

歯科衛生士:常勤(アポロ歯科衛生士専門学校 卒)

歯科衛生士患者さんの年代や性別は様々ですが、どの患者さんにも安心感や信頼感を与えられるような歯科衛生士になれるように目指したいです。そのためには、上手くコミュニケーションをとって患者さんが相談や質問などをしやすい雰囲気を作り、患者さんとドクターとのパイプ役になり患者さんが安心して治療を受けられる医院にしたいです。

米澤

歯科衛生士:常勤(東京歯科衛生専門学校 卒)

歯科衛生士私がヤナセ歯科医院で働きたいと思った一番の理由は、院長を含めスタッフのみなさんの人柄を見て私もここのスタッフの一員になりたいと思ったからです。まだ働き始めて間もないですが、院長の患者様に対する思いも見ることができ、私も歯科衛生士として自信をもって患者様に施術、指導をしていきたいと思いました。患者様の数も多く、まだまだ一人一人の患者様のことを知りませんが、今後働いていく上でたくさんのことを知り、親身に接していけたらよいと思っています。患者様の数だけ症例もあるので、日々歯科衛生士として知識を吸収していくことを忘れずスキルアップを目指していきたいです。歯科衛生士として目指したいと思う先輩がいるここの場所で一生懸命ついていきたいです。私は、インプラントの知識が全くと言っていい程ないので、たくさん勉強、経験をして2年後にはインプラントのオペには入れるように成長してがんばりたいです。

若松

歯科衛生士:非常勤(一般診療 鶴見短期大学歯科衛生士科 卒)

私は衛生士として患者様の噛める喜びのために自分にできること、予防処置のクリーニングや歯ブラシ指導・診療補助等、患者様の声に耳を傾けコミュニケーションをとりながらこれからも行っていきたいと思います。インプラントのオペや外科処置のアシストや難しい処置など自分にできないことが多く心苦しく申し訳ないと思っております。ただ、このヤナセ歯科医院のために今までの人生経験や子育ての経験等を生かしながら、自分にできることをこれまで以上に気を引き締めて行いまた、新人衛生士さんの指導も行い、病院の役に立てるようにしていきたいと思っております。

宇原

受付事務

歯科衛生士患者さんから「電話の声が違ったから」「受付にいなかったから」もう辞めてしまったのかと思ったけど、居てくれて良かった、安心したというお声をかけて頂く事があります。患者さんと接している時間は短いですが、ご要望やご不安、またご不満などをおっしゃっていただけるような雰囲気を出せるように、一人でも多くの方に"ヤナセ歯科医院に来て良かった""受付にいてくれて安心した"と思って頂けるようなスタッフでありたいと思っています。また、幅広い年代のスタッフと接しながらの仕事は大変貴重なので、自分の考えだけにとらわれず、新しい考え方など自分にないものや不足しているものなどを吸収していけたらと思っています。

梅本

衛生管理

上にもどる