市民新報コラム

市民新報コラム

総入れ歯の話(2001年5月)

 高齢者の方の一番の楽しみと健康維持は「食べること」ですが、その最も必要な道具が「入れ歯」です。入れ歯が合わなくてお悩みの方も非常に多いと思います。また、入れ歯で何でも噛める人もいるのに自分はなぜ?という思いの方も多いでしょう。
入れ歯は総入れ歯と歯が少数残っている局部(部分)入れ歯に分けられます。総入れ歯の場合は顎の骨がどれだけ残っているかが、入れ歯のつくりやすさを左右します。骨が残っていれば、大きく覆うことができますから、安定のいい入れ歯を作ることができますが、重度の歯周病で骨が痩せて抜歯した場合や合わない入れ歯を長年使って、骨が痩せて歯肉がブヨブヨになった場合はちょっとやっかいです。また、分泌の機能が下がり、唾液の量が少なくなると、入れ歯と粘膜の潤滑油が減るわけですから、歯肉がこすれて痛みがでやすくなります。このような場合、歯科医は前準備として、現在使用している入れ歯をどこまで大きくできるか探ったり、ブヨブヨの歯肉の切除をしたりします。唾液の少ない方には人工唾液のスプレーをお出しします。また、どの歯を抜いてどの歯を残すかが悩み所ですが、あまりグラグラの歯や位置がずれてしまった歯を少数残して、部分入れ歯にすると逆に入れ歯がガタガタする場合もあります。むしろ、総入れ歯の方が安定する場合もあります。そこで抜歯の見極めも重要になります。ですから、入れ歯をお作りになるときは事前に御自分のお口の中の状況を歯科医から聞いて、またどのような方法・設計で作ってもらえるか理解しておくと入れ歯への不満も軽減すると思いますし、また希望も持てると思います。入れ歯の清掃なのですが、入れ歯はカンジタ菌などが繁殖しやすいため、不潔な入れ歯を入れっぱなしにしていると嚥下性肺炎の原因になります。最後に、新しい入れ歯は靴擦れと同じようにどこかが痛くなります。あきらめずに、歯科医院で必ず調整をしてもらってください。


(文責 医学博士 簗瀬武史)

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

市民新報記事一覧にもどる

上にもどる