市民新報コラム

市民新報コラム

押すと痛い! (2003年8月)

患者さんからの訴えでよく言われるのが、「押すと痛い!」という言葉です。押すと痛い場所により、病状は異なります。
歯を押すと痛い場合は歯周病の急性症状か、歯根の先に根尖病巣(歯根の先にできている病巣)があり膿がたまっている場合が考えられます。咬むと強い痛みも感じます。

次に歯茎の歯の周りや歯と歯の間の歯茎を押して痛い場合は、歯周病の急性症状の可能性が大きいです。
同じ歯茎でももっと、深い部分(歯根の先)あたりを押すと痛い場合は根尖病巣の急性症状が考えられます。根尖病巣はもっとひどくなると歯茎でなく頬や顎の皮膚の上から押しても強い痛みを感じます。
たとえば、上顎の前歯や犬歯(糸切り歯)の根尖病巣は鼻の付け根辺りを押すと痛みがでます。また、上顎の臼歯の場合、頬を押すと痛みがでますが、根尖病巣が大きくなって、歯性上顎洞炎を起こしている場合は目の下の辺りを押しても強い痛みを感じます。

歯茎でも第2大臼歯(7番目)の奥の歯茎を押して痛む場合は親知らずの周りが急性炎症を起こしている智歯周囲炎の場合が多いです。親知らずの歯冠が、少しだけ歯茎から出ていたり、また、歯茎の下で第2大臼歯に引っかかっている場合になりやすいです。

押して痛む時は歯ではなく、歯周組織(歯茎や骨)にいろいろな病因で膿が溜まっている場合が大半ですから、きちんと治療をしなければなりません。また、押して痛い時は急性化している場合が多いですが、薬で痛みが止まったとしてもきちんと治療(病因の除去)をしないと悪くなっていく一方です。

慢性病巣は、寝不足が続いたり、風邪を引いたり、かなり疲れたり、ヒトの免疫力が弱くなるとは急性化しますが、ヒトの免疫力が復活すると慢性化します。慢性病巣は痛みを伴わなくてもどんどん進行していきます。

皆さんは「痛みの有無」で自己診断?されて通院の必要性を感じるようですが、「口腔内は痛みが出た時は重病!」という認識をお持ちください。

 

(文責  医学博士  簗瀬武史)

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

市民新報記事一覧にもどる

上にもどる