市民新報コラム

市民新報コラム

歯性上顎洞炎って、何? (2008年8月)

お口の中の病気と言うと虫歯や歯周病を思い浮かべます。ところが、お口の中は、粘液疾患や悪性腫瘍などさまざまな病気に罹患します。また、慢性的に進行していく疾患は、進行のわりに痛みや腫れが軽微であり、重篤になるまで自覚症状が出現しないため、どうしても治療が後手になってしまいがちです。

このような疾患の一つに「歯性上顎洞炎」があります。 「上顎洞」とは聞き慣れない言葉ですが、頬骨の内側にある空洞で自然孔で鼻(鼻腔)とつながっており、「副鼻腔」とも言います。この空洞は、発声時の音の共鳴や鼻から吸った空気の加湿等の役目を担っています。畜膿症もここに膿が溜まってしまう病気です。畜膿症は、上顎洞が鼻とつながっているために、そこから風邪などが原因で感染してしまい、膿が溜まってしまう病気です。「歯性上顎洞炎」は同じように膿が溜まりますが、その原因が畜膿症と異なります。上顎の奥歯の歯根の先は上顎洞に比較的近接しています。歯によっては歯根が上顎洞内に入り込んでいます。健全な歯で上顎洞炎を起こすことはありませんが、歯周病で歯の周りにできた化膿している病巣、根の先に膿が溜まってしまう病巣(根尖性歯周炎)を放置したり、深い虫歯で歯髄(歯の神経)が壊死を起こしている歯を放置すると細菌が上顎洞内に侵入し始めます。その後、上顎洞が感染・化膿してしまいます。歯性上顎洞炎に罹患すると、咬むと痛い、頬が重苦しい、片側の鼻から膿がでてくる、息をしたときに臭いなどの症状があります。

歯性上顎洞炎の治療法ですが、残念ながら、原因の歯は抜歯しなければなりません。抜歯したところから、上顎洞に薬液を注入し、通院しながら、上顎洞の洗浄を行わなければなりません。歯性上顎洞炎が重度の場合は、通院ではなく、入院した上での手術になります。症例によっては、その確定診断や原因歯の特定が難しいものもあります。何らかの異常を感じた時には、早めの受診が必要です。 

 

(文責:(社)日本口腔インプラント学会 指導医 簗瀬武史)

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

市民新報記事一覧にもどる

上にもどる