市民新報コラム

市民新報コラム

歯の詰め物? (2005年11月)

昔は歯の詰め物といえば、歯医者さんで歯型を取って、歯科技工士さんが金属で作る「インレー」や、銀と水銀を練和して詰める「アマルガム」が主流でした。

「インレー」は強度や耐久性・適合性は優れていますが、金属であるために見える歯に装着すると審美性が劣ってしまいます。
「アマルガム」は銀と水銀の合金ですが、経年的な劣化や微量ながらアマルガムから水銀が溶出することが問題視されています。

現在は、歯への接着技術の進歩や「レジン」というプラスティックのような素材の進歩により、可及的に歯を削らないで虫歯を治すことができるようになりました。前歯や奥歯でも現在は「光重合レジン」が多用されています。光重合レジンのペーストを接着剤を塗布した歯に詰めた後、ある一定の波長の紫外線をレジンに照射すると、10秒間ほどで固まってくれる操作性の良い素材です。レジン素材が歯と同色であり、う蝕の部分だけを削るだけですみ、可及的に健全な歯質を削らないですむ、金属より熱伝導性が低いので治したての歯がしみることが少ないなどのメリットがあります。

しかしながら、強度的にはインレーより劣るために、複雑な形の虫歯に充填した場合、欠けてしまう、経年的にはレジンが若干変色するなどの弱点もあります。レジンは虫歯の治療だけでなく、乳歯の「フィッシャーシーラント」という予防歯科診療にも使われています。乳歯の咬合面の溝はう蝕の多発部位ですが、う蝕になる前にフッ素入りのレジンで溝を埋めてしまうために、う蝕予防には非常に有効です。
より歯と同色であり、透明感などの審美性や強度を高めた素材としてはセラミック素材である「ポーセレンインレー」やレジンとセラミックの中間素材である「ハイブリッドインレー」などもあります。これらは型を取り、歯科技工士が製作する方法であるため、歯の切削量はレジン充填よりも多くなります。

大切な歯の詰め物です。何でもいいや!ではなく、ご確認を!

 

(文責 医学博士・東邦大学 医学部 客員講師 簗瀬 武史)

2021年

2020年

謹賀新年with Corona

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

市民新報記事一覧にもどる

上にもどる