市民新報コラム

市民新報コラム

新型コロナの知るべき知識・予防 もう一度! (2021年9月)

新型コロナウィルスの感染予防はまずは「手洗い」とソーシャルディスタンスを保ち「唾液による飛沫感染」を防ぐことが周知されています。手洗いはもちろん指の間、手の甲、手首でまで洗う必要があります。また、マスクは装着するか、食事の時は外すかです。よく、顎や首でマスクをずらして食事をされている方がいますが、これはいけません!マスクの内側が汚染されてしまいます。

さらに私は「お口を清潔に保つこと」が重要とお伝えします。以前お伝えしたように新型コロナウィルスは舌や歯周ポケットで増殖します。舌の表面には舌苔が付きやすく、歯周ポケットも歯周病菌やヘルペスウィルスなどの増殖の温床ですから新型コロナウィルスの増殖の温床となる可能性を否定できません。つまり、お口にはいった新型コロナウィルスが増殖されて数が増えて「感染」が起きるのです。
新型コロナウィルスは上気道、唾液腺や舌、歯肉を通じて感染することがわかってきています。このような感染経路なのでお口の中を清潔に保つこと、特に介護を必要とされている方は綿球や舌ブラシなどを使い舌の表面を清潔に保つことが重要になります。新型コロナウィルスに感染すると「味覚」がわからなくなりますが、その前に「口内炎」が多発することも報告されています。
また、ワクチン接種が始まりますが、ワクチンの効果は100パーセント有効ではありませんし、ワクチンを接種していても他の人に感染させるリスクはあります。ワクチン接種後も感染予防を徹底させなければいけません。ワクチンを2回接種された方でもコロナに感染されるケースが散見されます。ヒトにより体内でできる中和抗体の量は異なりますから、ワクチン接種も万全とは言えません。また、お子さんや若者は感染しても無症状ですからワクチンを2回接種された方でも家庭内感染をされるケースも確認されています。家庭内でも一定のルールでディスタンスを保つことが必要かと思います。

(文責:神奈川歯科大学客員教授 医学博士 簗瀬武史)

2021年

2020年

謹賀新年with Corona

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

市民新報記事一覧にもどる

上にもどる